パピヨン”カルラ”とお出かけ〜お花見2017 京都編 その2〜

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★父ちゃんです。

今回も京都のお花見の続きを書いていきます。

蹴上インクラインの次はお隣の南禅寺さんの境内をお散歩です。

南禅寺さんは建物内には犬連れでは入れませんが、境内の散歩は犬連れOKです ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

桜と文化財の伽藍、雰囲気のある文化遺産など見どころがたくさんです!!


◆大本山 南禅寺をお散歩◆

インクラインのてっぺんから脇道にそれくだっていくと、煉瓦造りのトンネルがあります。

ねじりまんぽと桜

蹴上インクラインの下にあるトンネル
“ねじりまんぽ”

“まんぽ”はトンネルの事で、積み上げられたレンガが強度を増すために螺旋状に積み上げられているので”ねじりまんぽ”と呼ばれています。

ねじりまんぽから続く道を進むと、道の両側に南禅寺の塔頭寺院が立ち並んでいます。塔頭の一つ金地院の門を抜けると南禅寺の参道、中門に到着です。

南禅寺 中門

中門をくぐると、南禅寺さんの境内です

南禅寺は臨済宗南禅寺派の大本山で、日本の禅宗の中でも別格扱い、最も高い格式のお寺です。

中門を抜けると重要文化財の三門が見えてきます。

南禅寺 三門とパピヨン

重要文化財の三門

歌舞伎での石川五右衛門の台詞「絶景かな、絶景かな…」で有名な門です。1628年、藤堂高虎の寄進により建築、京都三大門の一つに数えられます。

南禅寺 三門とパピヨン

カルラもビックリの大きな門です

南禅寺 参道の桜

参道の桜。苔の緑とよく合います。

三門から進んでいくと法堂に着きます。法堂は1606年に建築されましたが、1895年に焼失、現在の建物は1909年に再建されたものです。公式の法要が行われる南禅寺の中心となる建物です。

南禅寺 法堂とパピヨン

南禅寺 法堂。
またまたカルラ、ビックリの大きな建物です

南禅寺 法堂と桜

法堂と桜



◆レトロなアーチ橋 水路閣◆

法堂をぬけ方丈のある方に進むと右手奥に水路閣が見えてきます。

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

レンガと花崗岩で造られたアーチ橋で、琵琶湖疏水の一部になります。上から眺めることもでき、今も現役で水が流れていく様子が望めます。

今回、南禅寺さんにきた最大の目的は、ここで写真を撮ること!! 人気スポットなので上手く撮れるでしょうか?!

南禅寺 水路閣とパピヨン

笑顔の写真が撮れました!!
.+トッテモd(★´・∀・)bイイ+.

目的の写真が撮れて大満足です…これで南禅寺さんを後にして、この次は岡崎公園の方に行ってみることにします。

※4/9にお散歩しました

南禅寺 境内のパピヨン

新緑の季節にまた行こうね…

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



スポンサーリンク