パピヨン”カルラ”とお出かけ~出雲の旅 出雲大社~

出雲大社 下り参道

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回は出雲の旅、出雲大社について書いていこうと思います。

出雲大社は建物内や瑞垣の内側にはペット連れ不可ですが、それ以外の場所ではペットを連れて参拝することができます。

長年、父ちゃんも行ってみたかった場所です。今回のGWにいい機会なので参拝させていただきました。

Otty’s world

◆出雲大社 勢溜の大鳥居から出発◆

日御碕から車で20分ほどで出雲大社の駐車場に到着しました。

駐車場からはすぐに本殿のある場所へは行けますが、少し戻って二の鳥居「勢溜の大鳥居」から参拝のスタートです。

勢溜の大鳥居とパピヨン

勢溜の大鳥居

ちなみに一の鳥居はさらに南に600mほど行ったところにあります。今回はそこまで戻るのは…って感じだったので二の鳥居からにしました。

江戸時代の遷宮の際、この場所に広場が造られて芝居小屋が設けられました。そのため大勢の人がこの場所に集まり「勢溜」という名称になりました。

勢溜の大鳥居を抜けると神域となります。ここから三の鳥居までは珍しい下り坂の参道で、これは勢溜周辺が盛上っているためです。昔は勢溜の側までが海で、勢溜は砂浜の砂丘だった為、勢溜の大鳥居周辺が盛上ったようです。

出雲大社 下り参道

下り参道

下り坂の参道というと京都の泉涌寺もそうですね。通常の参道よりも下っている参道は「徐々に近づいていく感」があってワクワクします ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク

下り参道を進んで祓橋を渡ると中ノ鳥居「松の参道の鳥居」があります。

出雲大社 松の参道の鳥居

松の参道の鳥居

鳥居の向こうには松並木が二列、整然と並んでいます。真中の参道は神様の通り道になるので、参拝者は両側の舗装された道を進みます。

出雲大社 松の参道

松の参道
神様の通る道



◆ムスビの御神像と御自愛の御神像◆

松の参道の両側には神苑が広がっていますが、その左右に2体の御神像があります。

出雲大社 ムスビの御神像

ムスビの御神像

まず一体目の御神像は「ムスビの御神像」です。

これは大国主大神さまが神様になる前の修行中に「幸魂奇魂」によって「神」としての知識や教養を身につけ「ムスビの大神」になるという神話に基づいて造られています。

この御神像の前では皆さんポーズをまねて記念撮影とかされていました。父ちゃんも全体の写真を撮りたかったのですが上手くいかなくて大国主様は後ろ姿になってしまいました (´-ω-`)スイマセン

出雲大社 御自愛の御神像

御自愛の御神像

もう一体の御神像は「御自愛の御神像」です。

この御神像は有名な「因幡の白兎」のお話をモチーフにしてつくられています。ウサギの姿がとてもかわいいです。

この日はこちらの像には参拝の方はだれもいませんでした…ムスビの御神像は大人気なのに、御自愛の御神像はそうでもないのでしょうか?父ちゃんはウサギが可愛いのでこちらの像の方が好みですが…

また、出雲大社の境内には奉納されたウサギの像がいくつもありました。どれもとてもかわいい姿で癒されます 【可愛いナ】ノ∀`*)

御自愛の御神像とパピヨン

御自愛の御神像とカルラ

※4/29にお散歩しました

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーリンク