パピヨン”カルラ”とお出かけ〜出雲の旅 出雲大社 その3〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回も前回に引き続き、出雲大社へのお出かけについて書いていきます。

本殿裏側のウサギさんたちに癒された後は、端垣沿いに周って有名な大しめ縄を目指します。そして、最後にはまた小さいうさぎさんたちに会うことができました(o^^o)



◆出雲大社 本殿から神楽殿へ◆

出雲大社の本殿の裏側にはお社が一つあります 。

出雲大社 素鵞社

素鵞社

素鵞社は大国主大神のご先祖で舅の素盞嗚尊がお祀りされています。

鎌倉時代から江戸初期までは出雲大社の主祭神は素盞嗚尊でした。これは神仏習合の影響で、1667年の遷宮を機に大国主大神に主祭神が戻されました。

その際に素鵞社が造営され、本殿から素盞嗚尊の御神体が遷されてきたと考えられています。素鵞社本殿は重要文化財に指定されています。

素鵞社の先には「彰古館」があります。

出雲大社 彰古館

彰古館

奉納された大黒さまの像などが展示されているそうです。大正3年の建築で、国の登録有形文化財に指定されています。

さらに端垣に沿って進み、西側の門を出ると大しめ縄がある「神楽殿」に出ます。

出雲大社 神楽殿

神楽殿

神楽殿は大国主大神がお祀りされていて、結婚式やお祭りが行われる建物です。

正面に見えるのが有名な「大しめ縄」です。

出雲大社 大しめ縄

大しめ縄

大しめ縄は日本最大級のもので、長さ13m、重さ約4.5tもあるそうです。

実際に見てみると上からぶら下げられているからか、以外と重量は感じませんでした。縄の太さは凄いですね…Σヾ(・Д・´●)ノわぉ!!

出雲大社 大しめ縄とパピヨン

大しめ縄はカルラ約1000匹分の重さです(o^^o)

神楽殿の横には小さい池があります。

出雲大社 鏡の池

鏡の池

池の周囲に藤棚があり、藤の花がとてもきれいでした。

鏡の池の藤の花

鏡の池の藤



◆神苑の可愛いうさぎさん◆

出雲大社に参拝もできましたし、大しめ縄も見ることができたので次の目的地に向かうことにします。

帰りの駐車場に向かう為に神苑を歩いていると…

出雲大社 神苑

神苑

出雲大社 神苑のうさぎ

奉納されたうさぎ

可愛いうさぎの像がおかれています。

出雲大社 藤の花とうさぎの像

ヵヮ━(*′▽`*)━エエッ!!

それぞれ少しずつポーズが違っていてかわいいです 。

パピヨンとうさぎの像

カルラが無表情すぎて…(ll'∀')ァハハ-

うさぎさんがいる場所の奥には小さい牡丹園がありました。本当に小さいスペースなので他に見物している人もいませんでした…貸切で牡丹を楽しませてもらいました(o^^o)

牡丹の花「新七福神」

牡丹の花「新七福神」

牡丹の花「麟鳳」

牡丹の花「麟鳳」

牡丹の花「連鶴」

牡丹の花「連鶴」

あとは、八重桜もまだ咲いていてきれいでした。藤、牡丹、桜と色々な花が咲いていて得した気分です。

これで出雲大社へのお出かけは終了です。小さいお社など全部まわれなかったので、また参拝したいです。次は神様の集まる「神在月」にお出かけしたいですね。

出雲大社の八重桜

出雲大社の八重桜

※4/29にお散歩しました

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーリンク