カルラの自己紹介~パピヨンという犬種~

こんにちは。

今日はパピヨンという犬種についてとカルラについて書いていきたいと思います。

◆パピヨンの歴史

パピヨンの祖先はスペイン原産のトイ・スパニエルとされていて、イタリアのボローニャ地方で繁殖され、その後フランス国内に入り王侯貴族の寵愛を受けました。この時代の絵画にはよくパピヨンが描かれていますね。当時はほとんど垂れ耳タイプ(現在のファーレン)でしたが、その後ベルギーで立ち耳のスピッツ、小型犬のチワワと交配されて現在の姿になりました。

◆パピヨンの特徴と性格

パピヨンの犬種標準は体高28㎝以下、体長は体高より少し長いくらいで調和がとれていること、体重は4~5㎏が望ましいそうです。一般的には体高は20~28㎝位で体重は2~6㎏ぐらいではないでしょうか。よくお会いするパピヨンちゃんは小さめな仔が多いですね。

カルラは少し大きめのようです。足が少し長いようで体高が高いです。体重は現在4kgで獣医さんにはもう少し増えるとベストだと言われています

性格は明るく活発で遊び好きです。

カルラも遊びは大好きで、特にボールを取ってくる遊びは何時間でも続けます。六甲山のドッグランで2時間ずーっとボールを追いかけていたこともありました

画質が悪いですね(-_-;)
六甲山のドッグランです




◆パピヨンは賢い?

パピヨンは犬種の賢さを調査した結果、8番目に賢い犬種だったそうです。小型犬の中ではトップだそうです。実際カルラと暮らしていても物覚えも早いし、しつけも行いやすかったです。

◆パピヨンの病気

パピヨンは400年以上かけて小型化していった犬種なので、小型犬としては遺伝的な病気はすくないです。気を付けたい病気は活発な性格なので膝蓋骨脱臼(膝の関節のお皿が正常な位置から外れてしまっている状態)です。

カルラだけかもしれませんが、活発な性格にはびっくりしました。50㎝位の場所に飛びのれると学習すると1m位でも平気で飛びのろうとしますし、部屋中、自分でボールを放り投げて走り回ります。そのため、膝蓋骨脱臼が怖いので部屋にはコルクマットを敷き詰めました。

長々と書きすぎました…続きはまたいずれ…

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



スポンサーリンク