パピヨン”カルラ”とお出かけ〜高知の旅 桂浜水族館〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回は高知の旅、桂浜にある桂浜水族館せお散歩した時のことを書いていきます。

桂浜水族館はペットOKの珍しい水族館で、カルラもペンギンやアシカを見ることができました。

以前にお散歩した池田動物園では、なぜかビビりまくりのカルラでしたが今回はどうでしょうか?!



◆ 365日毎日営業!! 桂浜水族館 ◆

桂浜水族館は昭和6年、初代館長が大阪・堺にあった大浜水族館を訪問したのをきっかけに設立されました。

飼育数は約250種7000点、ローカル色溢れるほのぼの系の水族館です。

桂浜水族館 入園口

▲入口もゆる〜い感じだワン

入ってすぐあるのが、高知県の形をしたタッチングプール「おらんくの池」です。アメフラシやイソギンチャクなど実際に触れますし、中に入ることもできるようです。

桂浜水族館 おらんくの池のドチザメ

▲おらんくの池にはサメもいますよ🦈🦈

桂浜水族館 かつらやばし

▲おらんくの池の「かつらやばし」

「はりまや橋」ならぬ「かつらやばし」を渡ると小さな坂本龍馬像があります。桂浜のものよりだいぶ小さいですが、記念撮影には丁度いいサイズですです。

桂浜水族館の坂本龍馬像

▲小さいけどよくできてるワン

◆桂浜水族館 館内へ◆

館内に入ると中央に大きな水槽があり、そこではウミガメの餌やり体験ができます。

桂浜水族館のウミガメ

▲ウミガメ

結構、大きい亀が「餌ちょーだい」と近づいてくるので迫力がありますよ〜

周りの水槽では土佐湾の魚や淡水魚などが、小さめの水槽で展示されています。

そんな中でひときわ大きな水槽なのが「アカメ」の水槽です。

桂浜水族館のアカメ

▲アカメ

アカメは西日本の太平洋岸にのみ生息する魚で、主な分布は宮崎県と高知県です。

大型の肉食魚で、浦戸湾では体長131㎝、重さ39kgのアカメが釣り上げられたこともあります。

「赤目」の和名の通り、暗闇で明かりが目で反射すると角度によっては赤く光ります。

他にも…

桂浜水族館のニセゴイシウツボ

シンゴジラっぽい「ニセゴイシウツボ」や…

桂浜水族館のサクラダイ

色合いがきれいで父ちゃんが気に入った「サクラダイ」

桂浜水族館のニセスッポンモドキ

ちょっとお間抜けな顔の「スッポンモドキ」、別名は「ブタバナガメ」…

桂浜水族館のパピヨン

▲お魚見てると楽しいワン

大水槽やおしゃれな展示はありませんが、それぞれの水槽に手書きの説明が付けてあって、読んでると面白いです。

桂浜水族館のPOP

小さなお子さんでも楽しめる内容でイイですね。アカウミガメの顔はヤンキーっぽいそうです (o^^o)

2Fでは骨格標本などが展示されていて触ることもできました。

桂浜水族館の骨格標本

▲なんか怖いワン…

写真の骨格は1997年から2001年まで桂浜水族館でショーを行なっていたオキゴンドウの「ゴン」です。

写真だと可愛いクジラですが、骨格、特に歯の部分などは意外と荒々しいです。

桂浜水族館 ハナゴンドウの骨格

▲こちらはハナゴンドウの骨格です

この後は屋外の動物たち、トドやペンギンを見にいきます。

※5/4にお散歩しました

桂浜水族館 ウミガメの赤ちゃん

▲ウミガメの赤ちゃんもいますよ〜

にほんブログ村 犬ブログへ



スポンサーリンク