パピヨン”カルラ”とお出かけ〜舞鶴自然文化園 あじさい園〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回からは、金刀比羅宮でのお散歩の途中ですが季節の花「アジサイ」をみてきたので、そちらについて書いていこうと思います。

最初に向かったのは近畿の北部、舞鶴にある「舞鶴自然文化園」です。

「ひとめ十万本」と称される園内はちょうど満開、文字通りアジサイの海を体験できました。

車中のパピヨン

▲今日はどこへお出かけワン?🐾


アジサイの名所 舞鶴自然文化園

舞鶴自然文化園は舞鶴市多弥寺にある、農場の跡地を整備して造られた公園です。

舞鶴自然文化園

▲舞鶴自然文化園

敷地面積は34.7ヘクタール、東京ドーム約1個分の広さがあります。通常は入園無料ですが、アジサイ園とつばき園が公開されている時期は入園料が大人300円小人200円かかります。

舞鶴自然文化園のパピヨン

▲園路の緑が美しいワン🐾

舞鶴自然文化園のアジサイ園は、アジサイの展示場を見学した後、園内の斜面を下りながら林の中のあじさいを見学、最後に「アジサイの海」と名付けられた開けたスペースを周ってくるのがコースになっていて、多少のアップダウンがあります。

アジサイの数は10種10万本、「ひとめ10万本」の文字通り、視界全てがアジサイという風景を見ることができます。

舞鶴自然文化園 アジサイ展へ

入口からあじさい展までゆるい坂道を登っていきました。

舞鶴自然文化園

▲舞鶴自然文化園

舞鶴自然文化園のパピヨン

▲緑が多くていい所だワン🐾

普段は体験学習棟と展示棟の部分がアジサイ展の会場になります。

舞鶴自然文化園の体験学習棟

▲アジサイ展の会場

舞鶴自然文化園 あじさい展のアジサイ

▲入口に展示されていたアジサイ

アジサイ展では鉢植えのアジサイがいっぱい展示されていました。父ちゃんはあじさいの珍しさとかは全然わからないので、気に入ったのを写真に収めることにしました。

舞鶴自然文化園 アジサイ展の様子

▲アジサイ展の様子

アジサイの花「ラブユーキッス」

「ラブユーキッス」

アジサイの花「フラウトシエ」

「フラウトシエ」

アジサイの花「ハンブルグ」

「ハンブルグ」

アジサイの名前は、つけられた理由などが全然想像できないのが面白いです。ひとつずつ名前をみながら進むと結構時間がかかってしまいました。

奥の展示棟でも引き続きアジサイ展が行われています。

舞鶴自然文化園 展示棟

▲展示棟

アジサイの花「ピァー」

「ピァー」

アジサイの花「フラウヨシコ」

「フラウヨシコ」

アジサイの花「モナリザ」

「モナリザ」

花の縁が白くなっているアジサイがなんだか珍しくてきれいでした。「ピァー」の方は名前の語感が面白いです。

こちらの棟の奥はカフェになっていたのでカルラは正面に出ます。正面からは素晴らしい風景がひろがっていて思わずのんびりしたくなります。

舞鶴自然文化園からの眺めとパピヨン

▲いい眺めワン🐾

通常このような屋内の展示の場合はペット連れが禁止の所が多いですが、舞鶴自然文化園さんではペット連れOKでとても嬉しかったです。

ペット連れで訪れる際は、鉢植えで展示されているので壊したりしないように注意が必要ですね。マーキングなども厳禁です。

父ちゃんがアジサイ展で一番気に入った花は…

アジサイの花「スミダの花火」

「スミダの花火」

「スミダの花火」です。写真の撮り方が下手であまり良くみえませんが、実際にみると何発も打ち上げられた花火のように花が咲いていて、とてもよかったです。

アジサイ展をみた後は園内をまわっていきます。

※7/2にお散歩しました

舞鶴自然文化園のパピヨン

▲ここはいい所だワン🐾

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーリンク