パピヨン”カルラ”とお出かけ〜本薬師寺跡 ホテイアオイ〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回は、奈良にある本薬師寺跡に咲くホテイアオイを見に行った時のことを書いていきます。

本薬師寺跡周辺の水田に咲く約14,000株のホテイアオイは、周辺の長閑な風景とよくあっていて素晴らしい風景でした。

🐾 本薬師寺跡のホテイアオイ

本薬師寺跡は近鉄橿原線「畝傍御陵前」駅から東へ700m、約10分ほど歩いた場所ににあります。車の場合は現地に少し駐車場が、少し離れて臨時駐車場が準備されていました。

本薬師寺跡周辺

▲本薬師寺跡周辺

本薬師寺跡周辺は水田が広がっている長閑な風景です。西の方を見ると大和三山の一つ「畝傍山」が見えます。

本薬師寺跡のホテイアオイ

▲本薬師寺跡のホテイアオイ

本薬師寺跡から望む畝傍山

▲中央の三角が畝傍山

ホテイアオイは暑いよく晴れた日に花が良く咲くそうなので、この日は絶好のホテイアオイ日和…

パピヨンとホテイアオイ

▲きれいな花がいっぱいワン🐾

パピヨンとホテイアオイ

▲けどちょっと暑いワン💦

本薬師寺跡のホテイアオイ

▲本薬師寺跡のホテイアオイ

ホテイアオイは南アメリカ原産の植物で、茎と葉をつなぐ部分が丸く膨らんで浮袋の役目をしています。日本ではこの膨らんだ部分を七福神の布袋さまのお腹に見立てて「ホテイアオイ」と呼ばれています。

本薬師寺跡のホテイアオイ

本薬師寺跡のホテイアオイ

本薬師寺跡のホテイアオイ

▲黄色の斑紋が美しいです

ただ、このホテイアオイは繁殖力がとても強く、条件が合うと水面を覆いつくし漁業などに影響を与えることから世界中で問題となっているようです。そのため別名「青い悪魔」とも呼ばれています。

ホテイアオイとパピヨン

▲きれいな花なのに…ワン🐾

本薬師寺跡のホテイアオイ

畝傍山とホテイアオイ

▲畝傍山とホテイアオイ

東の端の水田には蓮が植えられていました。季節がずれているので花はほとんど残っていませんでしたが、いくつかはきれいな花を見ることができました。

本薬師寺跡の蓮の花

▲本薬師寺跡の蓮

蓮の花とホテイアオイ

▲蓮の花とホテイアオイ

本薬師寺跡のホテイアオイ

ホテイアオイが咲く水田の真ん中に木が生えている場所があるので行ってみます。

🐾 藤原京の薬師寺 本薬師寺

本薬師寺は西の京にある薬師寺の前身にあたるお寺です。

本薬師寺跡を散歩するパピヨン

▲本薬師寺跡ワン🐾

天武天皇が後の持統天皇である皇后の病気平癒を祈願して天武9年(680年)に建立に着手、完成前に天武天皇が崩御されたため、持統天皇がその遺志を継いで完成させました。

金堂と東西に塔が建てられていたようですが、平城遷都ともなって西の京に伽藍を移築させたと言われています。(別々に建てられていたという説もあります)

現在は金堂の礎石や東西の塔の心礎が残されているのみです。中央の木が生えている部分は金堂跡のようです。

本薬師寺の祠

▲金堂跡には小さな祠があります

本薬師寺 金堂の礎石

▲金堂の礎石ワン🐾

金堂跡の近くには石仏や礎石?のような大きな石が残されています。

本薬師寺のパピヨン

▲庚申さんがお祀りされているワン🐾

本薬師寺跡の石仏

本薬師寺の石仏

▲いつの時代の仏さまかな…

水田の中には塔の心礎があり、小高い丘の様になっていて360°見渡すことができました。

本薬師寺の塔の心礎

▲塔の心礎の上だワン🐾

ホテイアオイとパピヨン

▲ホテイアオイは9月末まで見頃だワン🐾

※8/27にお散歩しました

眠るパピヨン

▲ちょっと疲れたワン…


にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログ広場 お散歩・お出かけ

スポンサーリンク