パピヨン”カルラ”とお出かけ〜福井の旅 神の島・雄島〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回もGWにお出かけした福井県の旅について書いていきます。

越前松島をお散歩した後は、東尋坊に向かう前に「雄島」という島に立ち寄って行くことにします。

島内に整備されている「探検の小径」という遊歩道を使って島を一周、豊かな自然を満喫してきました。

🐾 雄島 雄島橋からの風景

越前松島から車で10分ほど走ると雄島に到着します。

雄島は越前海岸にある島では最大の島で、周囲の長さが2㎞、流紋岩でできている島で東尋坊や越前松島などと同じく、岩が六角形の柱状になった「柱状節理」が発達していています。

雄島の雄島橋

▲島の入口「雄島橋」

雄島とパピヨン

▲冒険だワン🐾

雄島に渡るには朱塗りの橋「雄島橋」を渡っていきます。100m位かな?海風が少し強いですが、大海原を眺めながら進むのは心地よいです。

雄島橋を渡るパピヨン

▲結構、距離あるワン🐾

雄島橋から上を見ていると、なにやら小さいモノが猛スピードで飛びまわっています。虫よりは大きいけど鳥にしたらかなり小さいような…

雄島橋を渡るパピヨン

▲なにか飛んでるワン🐾

飛んでいたものの正体は、「イワツバメ」という鳥で、全長13〜15㎝ほどの小さなツバメの仲間です。

元々岩場を繁殖地にしていたものが、近年は大規模な建物の軒下や橋桁に集団営巣するようになっているそうです。

この橋の下にもいっぱい巣があるのかな?たくさんのイワツバメが橋の周囲をとびまわっていました

雄島橋を渡るパピヨン

▲小さくてすばしっこいワン🐾

雄島橋から見る海の風景も少し変わっています。

橋から東尋坊方面をみると白波が立つ波の高い海面になっていますが、橋を境に反対側をみると非常に穏やかな海面が広がっています。

昔、雄島は陸続きでしたが、長年の波浪による浸食により陸地から切り離されて島になりました。ちょうど現在橋のかかっている場所が一番水深が浅く、高い波は海底に当たって反対側に抜けることができません。

その為、橋を境にまったく異なる海面を見ることができます。

雄島橋から見る海面

▲穏やかな海面


🐾 雄島へ上陸 流紋岩と柱状節理・板状節理

雄島は「流紋岩」というマグマが冷え固まった岩で出来ていて、島の海岸ではマグマが冷え固まった時にできる「柱状節理」と「板状節理」を見ることができます。

橋のある方の海岸では「柱状節理」という六角形の形の岩が並んでいて、迫力ある海岸線になっています。

雄島

▲橋から見て右手は岩場と原生林が…

雄島の柱状節理

▲左手には見事な
「柱状節理」を見ることができます。

雄島の入口部分には鳥居と狛犬がいらっしゃいます。

雄島の鳥居

▲雄島の入口

雄島には大湊神社という歴史のある神社があり、島の入口から参道が伸びています。雄島全域は御神域で地元の方からは「神の島」として信仰されているそうです。

雄島の狛犬

▲立派な狛犬

この後は島の中を探検して、反対側に広がる「板状節理」の海岸を見にいくことにします。

雄島を散歩するパピヨン

▲楽しみワン🐾

※5/7にお散歩しました


にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログ広場 お散歩・お出かけ

スポンサーリンク