パピヨン”カルラ”とお出かけ〜福井の旅 丸岡城〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回もGWにお出かけした福井県の旅について書いていきます。

東尋坊をお散歩した後は、北陸地方で唯一、天守が現存するお城「丸岡城」です。

丸岡城の天守は、江戸時代以前に造られた天守が残る「現存12天守」の1つで、カルラにとっては彦根城松江城丸亀城松山城高知城に続いて6ヶ所目の現存天守訪問になりました。

🐾 丸岡城 霞ヶ城公園

丸岡城は坂井市内を望む小高い丘の上に建立していて、その麓には整備された公園「霞ヶ城公園」があります。

丸岡城を散歩するパピヨン

▲丸岡城にやってきたワン🐾

公園内には丸岡城・歴代城主の武具や調度品を展示している「坂井市丸岡歴史民俗資料館」や食事やお土産を販売している「一筆啓上茶屋」があります。

霞ヶ城公園の一筆啓上茶屋

▲一筆啓上茶屋

公園内はきれいに整備されていて、桜の時期には約400本のソメイヨシノが咲きライトアップも行われます。この日はツツジが満開でとても綺麗でした。

霞ヶ城公園のツツジ

▲満開のツツジ

ツツジとパピヨン

一筆啓上茶屋の前には池がきれいな庭園が、その奥にはもみじなどが植えられた庭園が広がっています。規模は大きくはないですが散歩すると気持ちの良い公園です。

霞ヶ城公園の庭園

▲霞ヶ城公園の庭園

霞ヶ城公園を散歩するパピヨン

霞ヶ城公園を散歩するパピヨン

▲水路があったりするワン🐾


🐾 一筆啓上の城 丸岡城

霞ヶ城公園から丸岡城に登っていこうとしたところ「犬の散歩禁止」の看板が…売店の方に聞いてみるとOKとの事でした。犬連れはあまり歓迎されていないのかな…変なことをしないように注意していきます。

丸岡城の階段

▲階段の手すりにもお城が…

丸岡城に向かうパピヨン

▲お城までは少し階段があるワン🐾

お城に向かう間の階段には「日本一短い手紙 一筆啓上賞」の作品が掲示されています。これは丸岡城にある石碑「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」にちなんだものです。

これは最も短い手紙の文として知られているもので、徳川家康の家臣で「鬼作左」の異名を持つ本田作左衛門重次が、長篠の戦の陣中から妻にあてて送ったもの。

文中のお仙は後に丸岡城六代目城主となる本田成重のことで、坂井市ではこの石碑にちなみ平成5年から「一筆啓上賞」を実施、テーマを毎年決め日本一短い手紙を募集しています。

階段を登りきると広い場所、二の丸跡かな?に出ます。天守に登るにはここで料金を払いますが、天守周りを散歩するだけだと無料だそうです。犬連れだと天守には入れないので無料なのはありがたいです。

この後は広場周辺を散策、天守に向かいます。

※5/7にお散歩しました


にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログ広場 お散歩・お出かけ

スポンサーリンク