パピヨン”カルラ”とお出かけ〜福井の旅 一乗谷朝倉氏遺跡〜

(o’ω’o)b コンニチワァ♪ 父ちゃんです。

今回も、GWにお出かけした福井県の旅について書いていきます。

丸岡城の次に訪れたのは、戦国時代の遺跡で「日本のポンペイ」とも呼ばれる「一乗谷朝倉氏遺跡」です。

復元された城下町や朝倉家当主の館跡などをみてまわりました。

🐾 一乗谷朝倉氏遺跡について

福井市街から約10㎞、一乗谷という山間に朝倉氏遺跡はあります。

一乗谷朝倉氏遺跡

▲一乗谷

戦国時代、この場所は朝倉氏の本拠地として大変栄えました。

応仁の乱で荒廃した京都から公家や高僧などが避難してきたため、華やかな京文化が花開き「北ノ京」とも呼ばれるようになります。

朝倉孝景の代に最盛期を迎え、人口は1万人を超えて越前の中心地となりました。

しかし、天正元年(1573年)5代朝倉義景が織田信長との戦いに敗れ一乗谷から大野へ逃れたため、一乗谷は信長の軍勢により火を放たれ灰塵に帰します。

その後、越前の中心地は北ノ庄に移り、辺境の一乗谷は昭和42年(1967年)に発掘が開始されるまでの約400年間、田畑に埋もれることになります。

一乗谷は当主館や侍屋敷、町家から道路まで戦国時代の町並みがほぼ完全な形で発掘。城下町は約200mにわたって町並みが復元されており、朝倉家当主館跡は平面復元されていえ、4ヶ所の庭園は特別名勝に指定されています。

一乗谷城を含む一帯は特別史跡、庭園は特別名勝、出土品は重要文化財と国の三重指定を受けています。全国でも三重指定を受けているのは他に5ヶ所のみで、文化財として高く評価されています。(他の5ヶ所は金閣寺、銀閣寺、醍醐寺三宝院、平城京、厳島神社)

🐾 一乗谷朝倉氏遺跡 復元町並

まずは町並が復元されたエリアから見ていきます。このエリアには平面復元された侍屋敷もあります。

一乗谷朝倉氏遺跡 復元町並

▲復元された町並

色々な職業の町家が復元されていて、裏に回ると庭や厠などもちゃんと復元されています。

復元町並を散歩するパピヨン

▲タイムスリップした感じワン🐾

復元町並を散歩するパピヨン

▲中にも入れるワン🐾

復元町並を散歩するパピヨン

町家が立ち並ぶエリアの反対側には平面復元された武家屋敷があります。

復元町並を散歩するパピヨン

▲武家屋敷に行ってみるワン🐾

一乗谷朝倉氏遺跡の平面復元された侍屋敷

▲平面復元された武家屋敷

地面に間取が描かれていて、当時のお屋敷の姿を想像することができます。30m四方の敷地が標準で、かなりすすんだ建築様式の住宅があったことがわかっており文化水準の高さが見てとれます。

平面復元された武家屋敷を散歩するパピヨン

▲広いお庭があったみたいワン🐾

平面復元された武家屋敷を散歩するパピヨン

一乗谷ではソフトバンクのCMが撮影され、復元町並で撮られたものがポスターにもなっています。

復元町並を散歩するパピヨン

▲いい雰囲気ワン…🐾

復元町並を散歩するパピヨン

▲この辺りで写真撮ったそうだワン🐾

復元町並は当時の衣装着た方などもいて、落ち着いた雰囲気で散歩できる良いスポット…どこで写真を撮ってもいい感じになります。

復元町並を散歩するパピヨン

一乗谷朝倉氏遺跡の復元町並

一乗谷朝倉氏遺跡を散歩するパピヨン

この後は道路を挟んで反対側、城主だった朝倉氏の館跡に行ってみます。

一乗谷朝倉氏遺跡

▲橋の向こうが館跡

復元町並で見つけたトンボ

▲きれいなトンボも飛んでいました…

※5/7にお散歩しました

にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログ広場 お散歩・お出かけ

スポンサーリンク